画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポシャッて良かった

突然ですが、ドイツが大好きです。
いつか住みたいナンバーワンがベルリン。
でも移住はさすがに難しいのでいろんな本を読んだり地図や写真をみたり、ドイツのネットラジオを聞いたり。
あと、ドイツ在住の日本人のブログを読んだりなどして我慢しています。
そしてほんのちょっとだけドイツ語勉強したり・・・・



このところの愛読書は伸井太一(のびい・たいいち)さんのニセドイツ ヴェスタルギー的西ドイツです。

ニセドイツシリーズの3冊目。
もちろん、一冊目、二冊目とも愛読書

ニセドイツ〈2〉≒東ドイツ製生活用品 (共産趣味インターナショナル VOL 3)ニセドイツ〈2〉≒東ドイツ製生活用品 (共産趣味インターナショナル VOL 3)
(2009/10)
伸井 太一

商品詳細を見る



ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品 (共産趣味インターナショナル VOL 2)ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品 (共産趣味インターナショナル VOL 2)
(2009/10)
伸井 太一

商品詳細を見る



赤、黄色、ときたらやっぱり次は黒!
ニセドイツ〈3〉ヴェスタルギー的西ドイツ (資本趣味インターナショナル)ニセドイツ〈3〉ヴェスタルギー的西ドイツ (資本趣味インターナショナル)
(2012/02)
伸井 太一

商品詳細を見る



でね、まあ、私のブームになんか興味ないと思うのですが、ちょっと不思議なお話を知ってしまったのでお裾分けです。タダですよ、お得ですよ、奥さん!



スポーツ中継などでドイツの国歌を聴いたことのある方は多いと思うのですが、
この曲ですね ↓




歌詞はこちら

Einigkeit und Recht und Freiheit
fur das deutsche Vaterland!
Danach last uns alle streben
bruderlich mit Herz und Hand!
Einigkeit und Recht und Freiheit
sind des Gluckes Unterpfand.
Bluh im Glanze deines Gluckes,
bluhe, deutsches Vaterland!


訳詞はこちら

祖国ドイツに統一、正義そして自由を!
友よ、共に進もう!
兄弟のように、心を重ね、手を取り合って
統一、正義そして自由は幸福の証し
幸せの輝きの中 栄えよ、祖国ドイツよ!


なのですが、伸井氏によると(東西に分かれていた時代のことでしょうか?)西ドイツの国歌には別の曲になっていたかもしれなくて、しかもそれがコチラ↓だったかもしれないそうなのです。



ケルンのカーニバルの歌らしいのですが、なぜそんなことになったのか不思議です。
なんか、陽気すぎる感じがぜんぜんドイツっぽくない!
セレモニーで国旗掲揚のときとか威厳ないし、優勝しても感動どっかいっちゃう感じです。



いきさつは知りませんが、本当にポシャッ良かった、というお話でした。




@marisol

コメント

非公開コメント

突然ですが、私もドイツが好きです。
小学生の頃は大人になったらドイツ人の嫁になる!と固く心に決めていました。
何故でしょう?
未だにわかりません・・・・
が、ドイツが好きです。ドイツ語の響きも好きです。
かつて東のドレスデンの方と文通←してたことがあります。
お互い支離滅裂な英語だったので話が通じ合っていたのかどうか未だに不明です。
間もなくベルリンの壁が壊されて、文通相手と連絡取れなくなりました。
きっと自由の海に飛びこんで幸せでいてくれると思っています。
ベルリンもドレスデンも死ぬまでには一度は行ってみたい!
ご紹介の本も読んでみよっと!

学生さんやってた頃、第二外国語がドイツ語でした。
もっと真面目に勉強すればよかった~!
と今になって思ってます・・・・

周りにドイツ好きがいないので嬉しくなって書きこんじゃった。
長文ごめんね!

てか、二つ目の動画の曲・・・・
う~む、国歌にはやはり「威厳」や「荘厳さ」も必要なのかもね^^;

ミジンコさん♪

きゃっ!お久しぶり~!!
ミジンコさんもドイツ好きだったんですね♪♪
旧東ドイツのかたと文通!?驚きです。
そんなことができたんですね・・・・。特権階級のかただったのでしょうか?
今度詳しくお話聞かせてくださいね。

私の周りにもドイツ好きは見当たらなくて(;;)淋しいです。
私も、絶対ベルリン&ドレスデン行きたいです!!!

あ、Go様、岐阜にいらっしゃるみたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。