画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~~ん残念(>_<)

2005年から始まった音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンですが、
今年は震災の影響でメイン開場となる東京国際フォーラムが使用できなくなってしまい、
また来日予定だった演奏家が来日できなくなってしまい、演目変更やチケットの払い戻しなど、音楽祭の危機にあるようです。
ま、危機っていうのは大げさでしょうか?
でも、予定していた演奏家の来日が見込めないというのは、主催者側にとっては大きな痛手。
在日本の演奏家で同じ演目を演奏するわけにはいかないのでしょうか?

っていうか、会場が使えなくなってしまったのなら別のところで、っていうわけには行かないのかな?
規模が規模なだけに、無理なのかな。
お客さんへの影響も心配だけど、音楽祭にはマスタークラスで学ぶ若い演奏家への影響もあるから、そちらも残念。
たっかい授業料を払って演奏家の来日を待っていた人はガッカリだろうな~。
どこかで取り返すことができるといいのだけれど。

各地(九州、金沢、琵琶湖、新潟)のラ・フォル・ジュルネにも影響ありますね、チケットを買っていたお客さんはガッカリでしょう・・・・。
こういうときこそ、音楽の力を信じて欲しいのに。(経済活性にもなるしね!)

昨年のテーマはショパンでしたが、今年は凄いよ!!

bg_header_inner.jpg
私が大好きな後期ロマン派!
左から、シェーンベルク!ブラームス!!マーラー!!!リスト!!!!シュトラウス(息子)!!!!!
特に、マーラーとリストはメモリアルイヤーなので、演奏家も凝りに凝った曲を持ってきてくれると楽しみにしていたのです!!!!!!
ヴィオラを始めた頃、2年目くらいのときに、先生に
「来年の発表会でシェーンベルクのソナタあたり、やっちゃう?」
って、たっか~~~~~~いハードル与えられて、む・・・・無理っす!!!!!
って、丁寧にお断り申し上げたのだけど、そのころはシェーンベルクの曲を真剣に聴いたことなんてなかったのです。
ま、いまでもたいして聴いてないんですけど。
でも、そのころからロマン派は意識していて、古典音楽の世界における「産業革命」みたいな感じで、新しい楽器や様式の音楽がものすごい勢いで生まれた時代。
私が(あくまでも趣味で)やっているヴィオラもこの頃からようやくソロ楽器として脚光を浴びる?浴びてないかも??ようなヴィオラ主役の曲が作曲されたのです。
まあ、なので、私はロマン派が好き。
歌は古楽が好きだけどね。(まあ、それはまたいつか)

話は戻るけど、考えようによっては演奏家の変更や曲目の変更などで、今までチケットを変えなかった人にもチャンスができたわけで(いいように考えよう!)買いそびれたアナタ!!これから発信されるニュースをお見逃しなく。
私は、琵琶湖の音楽祭を狙うぜ!!!!



ラ・フィル・ジュルネ・オ・ジャポン・ニュースはここをクリック





@marisol
スポンサーサイト

菜の花も

桜の花が真っ盛りですが、菜の花もまだまだ頑張っています。
お花畑で(たぶん白菜畑)マルの写真を撮ろうとしたけど、なんだか一生懸命下を向いて



モグモグしてる??

CIMG0530.jpg





花より団子!!!
CIMG0569.jpg

飼い主に似てしまったのか・・・・・




@marisol

赤ちゃん

先月、盛りだった桜の花が・・・・・

110317_1721~03




今日、同じ桜の木を見に行ったら、

110416_1748~01

サクランボの赤ちゃんになっていました!!

毎年、この木からはたくさんの恵みをいただいています。
今年も楽しみ!!!



@marisol

花道

マルさん、13歳10ヶ月。
男の花道。



2011_0410マルお散歩0186



てくてくと一人で行ってしまうので名前を呼ぶと振り返り、

えへへ

と笑いながら行ってしまう。
近づくと離れ、離れると振り返って待つ、の繰り返し。
でも、離れないでほしい。
一人でいってしまわないでほしい。


桜が綺麗すぎて淋しくなってしまう。





また来年も来られますように。



@marisol

いよいよ

以前ご紹介したことのある、スペインの登山家・EDURNE PASABANさんがいよいよ二度目のエベレストアタックに出かけます。
「出かけます」ってのは、ちょっと軽すぎる言い方で申し訳ないんですが(汗)
昨日の日付のブログは、



もうここでやれることは全てやりました。
私の両親は「あんなに小っちゃかった娘がこんなになっちゃって・・・」って言ってます。
私自身もただの趣味でやっていたことがこんな大きな(国家から支援を受けるような、という意味だとおもいます)プロジェクトになってしまい、プロとして活動を始めてもいまだに驚いています。
これから、ビルバオからバラハス(マドリッド)を経由してカトマンズに向かいます。
皆様とは数ヶ月間のお別れです。
元気に帰ってきますので、成功を祈っていてください。



大雑把で適当すぎますけど、だいたいこんな感じのことを仰っている模様。
これから2ヶ月かけて登っていかれるのですね。
はあ~~~~
どうかご無事で!!
スペイン国営放送の番組スタッフも途中までは同行しているようで(過去にも番組を作っていらっしゃいます)道中の映像も放送されるようです。
スペインを出発するのが日本時間で明日なので、記者会見の模様などもそのうち見られるでしょう。
過去、子供向けの番組やワイドショーのお料理コーナーなどにも出演なさっておられるのですが、数あるネタのなかでもとてもお茶目な練習中のインタビューを見つけたので、貼り付けておきます。


良い子はマネしてはいけません


@marisol

Kizuna311

あの日以来、自分に何ができるのか、ずっと考え続けています。
結局は、節電とか、募金とか。
知人の安否確認をして、疎遠になっていた友人たちと情報を共有し、支援策を考えるとか。
家族と離れてしまった動物たちのためにできることは何かと考えて、できるだけの救援物資を集めて送ったり募金をし・・・。

でもやっぱり自分の無力さに悔しかったり悲しかったり。
いまだに、なかなか明るい気持ちには(心底は)なれません。
それでも映画を見に行ったりしたので、だいぶ気分転換になりました。
やっぱり娯楽というのは必要だな、感情を吐き出すことは必要なんだなと改めて感じました。

テレビのCMもだいぶ元に戻ってきたみたい。
洗剤とかお菓子とか?
そのなかでもとても感動したものがありました。
私がテレビで見たのは俳優の渡辺謙さんの朗読でした。
調べてみると、大勢の著名人がその企画に参加されており、YOUTUBEで見ることができます。


ここでは、そのなかでもオダギリ・ジョーさんの手紙と作品をご紹介します。



そして、香川照之さんと佐藤浩市さんからの応援メセージ。
香川さんと佐藤さんの、率直な誠実なお人柄が良く伝わって、胸の奥が熱くなります。






Kizuna311公式



絶望したり心を閉ざしたりなさいませんように。
私たちの祈りが届きますように。

@marisol

クヌート 

悲しいお知らせです。
もうご存知の方も多いと思うのですけど、

ドイツ・ベルリン市立動物園のクヌートが亡くなりました。
まだ若いのに、死因は不明なのだそうです。
クヌート急死のニュース

RTR201103190028.jpg

tc1_search_naver_jp.jpg

tc14_search_naver_jp.jpg

tc2_search_naver_jp.jpg

tc21_search_naver_jp.jpg

tc32_search_naver_jp.jpg



きっと今頃は育ての親トーマス・デルフラインさんと一緒に氷の上を駆け回って遊んでいることでしょう。

TKY201010250085.jpg

もう大好きなトーマスさんと離れなくてもいいんですよ。
tc4_search_naver_jp.jpg

tc3_search_naver_jp.jpg




一度でいいから会いたかったです。


@marisol
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。