画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日天気になぁ~~~れ!

明日は今年はじめての観劇日~アップロードファイル

今夜は早く寝なくっちゃ!!

っと思っていたのに、お婆ちゃんのベッドで爆睡・・・・・

お婆ちゃんは居間のソファで寝ちゃってました・・・・・


ダメじゃん!!


これじゃあ早く寝るどころか興奮しちゃって眠れないかも・・・・(>_<)小学生か!!!

明日ご一緒に観劇予定の相棒まみみさんと斉藤和義サマ教・教祖の陽子さんに、お土産用の


タルトタタン作りました!!(再挑戦)
100123_1848~01
製作中。
ラム酒で蒸し煮したあと、ハチミツを投入してます。


100123_1924~02
冷ましたリンゴを型に並べ、キャラメル(鍋の中の得体の知れないオコゲみたいなのがソレ)と生地を入れる直前。
マルさんが凝視。
蚊取り線香は、我が家も年中活動してます。
やっぱりキンチョーよねぴーす


今回は、リンゴをカラメリーゼするかわりに、キャラメルを別につくってぶどうと一緒に具(具?)にすることにしました。
っていうか、カラメルソースを作るのに失敗して固まっちゃったのですUu青
キャラメルの味は良かったんですけどね~何がアカンかったんでしょうか??
サッパリわかりません。
なので、この失敗はまた繰り返すでしょう。経験に学べないオンナです。
大きなキャラメルは具として、小さな破片は生地に練りこんで焼きました。

すっごくいい香りがしています。
この香り通りの味であれば大成功なのですが・・・・・


100123_2024~01


これを切り分けて持って行きますよ!!!
いやいや、試食が先だな・・・・・・


吉と出るか!?


@ marisol



スポンサーサイト

アベックラーメン

こないだみやっぴさんにいただいた熊本名産アベックラーメン

ちゃんとアベックでにこ食べましたよ。

サッパリして美味しかったです。
100122_1213~01

みやっぴさん、飛んでっちゃった魂はもどってきたかしら?
なんてお励まししてよいやら(>_<)

私は一昨年のオダジョーショックで慣れたようです。

でもどうかな~、竜也君がおんなじようなことでワイノワイノ言われたら凹むと思うけど・・・・。
ああ、考えたくないです。

なので、気分転換とストレス発散のためにお菓子つくります。

完全に、ハナより団子です。

100122_1215~01
黄色いのはシークワーサージュースです。大好きピンクハート


@ marisol


お婆ちゃんといっしょ

すっかり放置していました・・・・・すみません。


仕事は一段落して少しヒマになりましたが、そのかわりに・・・・・

父方の祖母の介護が始まりました。
一昨年から昨年の今頃は母方の祖母の介護があり、ちょうど去年の今頃見送ったばかりで、両親はホッとする間もありませんでした。
労労介護って、ほんとうに大変です。
私のように何の役に立つわけでもないものが側にいても邪魔なだけだと思ってしまうことも多々あるのですが・・・・それでも何か微弱ながら手伝えることを見つけています。

祖母は、明治の最後の年、45年4月の産まれです。
ということで・・・・

この4月に98歳ですよ。

凄いわ・・・・・しかも元気なんだもん・・・・・


勿論、老人性の認知症もあって私が誰だかときどきわからなくなるし、長年和裁の師範としてお仕事をしていたので背中は曲がっているし、足腰痛いみたいだし、ついこないだは不整脈から一時的に心臓止まったし!!それでも毎日なんでも美味しく食事してご機嫌で生きていてくれている。

片道100分のドライブは決して楽ではないけれど、週4日の祖母の介護(の手伝い)は今まで私が感じたことのない充実感で満たしてくれます。

マルもお婆ちゃんが大好きで、ベッドの側にちょこんと座り、お婆ちゃんに大人しく頭を撫でられています。
不思議なことに、マルのことはちゃんと「マル」とわかるんですね。
会うと必ず、
「マル、この前会った時より随分大きくなったね~」と言い、
 そうでしょ?やんちゃだったけど、いい子になったでしょ?と私が言うと、
「何言ってんの!マルは産まれたときからいい子よ!」と返してきます。

ムムム・・・・油断ならない。

私が、手伝うよ、と言うと、
年寄り扱いしないでくれるっ絵文字名を入力してください

と怒ります。

いえいえ・・・・年寄りですからたら・・

まあ、両親にとってはこんな笑えるようなことばかりではないですけどね。
つくづく思うのはお爺ちゃんお婆ちゃんの介護は孫にこそ与えられる仕事ではないかと言うこと。
一緒に暮らしていなくても、祖父母からは無償の愛を得られたし私も祖父母には最初からお爺ちゃんお婆ちゃんだったので「老人に対する畏敬の念」もあるし一緒にいて心地よい距離とか手加減?みたいなものをいつの間にか習得しているんですね、多分。
これが子どもだと距離が近すぎてお互いにわがままになったり、お嫁さんだと遠慮しすぎたり意地を張ったりするんじゃないかと?
私の両親を見ているとそんな感じがしています。
なので、ここは私の出番なのかな~と。

先日、面白かったのは、

祖母はずっと女学校で和裁を教えていました。
なので、生徒が今だに訪ねて来てくれるのですが、
祖母にとってその日は全校生徒の集会があったらしいです。で、連れて行け!と・・・・・。
私が祖母のところに着いたのが午前10時で、「これから行ったら着いたら夜で、集会はもう終わってるんじゃない?」と言ったら、
「ああそうか・・・・やっぱり先週渡した学校便りをちゃんと読んで聞かせなきゃならなかったんだね、アンタはまったく字が読めないんだから!」
と怒り出す始末・・・・
「お婆ちゃん、私、ちゃんと字読めるよ!」
と言うと、
「いいや!アンタは子どもの頃アメリカに行ってしまったので日本語は話せるけど読み書きは出来ないのよ」
と決め付けるので、
「じゃあ、今日の新聞読んであげるから聞いててくれる?」
と言って、新聞を読んであげたら、
「アンタ、漢字も読めるようになったの?頑張ったね~~!」と言って泣いて喜んでくれたのだ!!

ありがとうお婆ちゃん、アタシ頑張ったよ!!


何かの本で、認知症の人の話を否定してはいけない、というのを読んだことがあるけれどそうなのかもしれない。
否定でも肯定でもなく、やんわりと・・・・じゃないかもね?などといって話をそらして納得させる?というか忘れさせる?のがいいのかもしれない。
こんな他愛もない会話も私は楽しいのだけど、両親にとっては毎日四六時中のことなので新鮮味がないというか、ハッキリ言って煩わしいようです。
いちいち付き合うのも面倒で疲れる・・・って感じでしょうか。
そのあたりは仕方ないよね、両親だって70代だしね。
お互いに出来ることをやろうね、と話し合っています。

弟のヒロ君(仮名)はお正月に会ったときに、お婆ちゃんにケロリと忘れ去られていてショックを受けていました。
お嫁さんのKちゃんのことはよくわかっていて、お婆ちゃんは遠いところからよく来てくれたね~と涙の再会をしていた。

もう、大ウケ!!



100121_1813~02
マルさんのオツムに乗っかっているのは盲導犬フォルテ号の人形です。
今、体調を崩して寝込んでしまっているのです。
少しでも早く回復してくれるよう、毎日祈っています。
フォルテ、引退犬ボランティアさん、元ユーザーさん、パピーウオーカーのフォルテママさんに素敵な笑顔が戻りますように!


@ marisol

戻ってきた

おせち料理が好きなので、年中でも食べていたいのですが、やっぱりコストがかかるのね。
それに、ハイカロリーだし。
4日から普通~にお仕事が始まって、ずうっと食べ続けてダラダラしていた食生活も普段モードに戻ってきました。

久々に隣町のジャスコに行ったら、見つけちゃった!

100103_1300~01
青森名物・黒石やきそば

これ、食べてみたかったの!!
100103_1401~01

まあ、普通~の焼きそばでしたけどね、麺が太めでソースが甘めでした。
でも、爽やかな甘さでした。
実は甘いソースが苦手で、関西方面のおたふくソースとか東海地方のコーミソースとか、ダメなんです・・・・。

だって、バナナが入ってるでしょ??

あれがダメ。(個人の問題です。商品に罪はありません)

で、こちらのソースは甘めだけどサラッとしていて香ばしくて美味しかったです。
具は、いただきもののキャベツと、付属のかやくと紅しょうがだけ。
キャベツだけの焼きそばが好きなんです。なぜか。

昨年あたりから青森県の食べ物が気になってきて、いろいろとお取り寄せしたり物産展に行ったりして食べました。
「いか寿司」も作ったしね!
でも、「いか寿司」は写真撮る前に食べちゃって証拠ナシでしたね。
今度こそ!

まだまだ知らない食べ物沢山あるミラクルファンタジーな国・青森県。
今年も、ちょくちょく攻めますよ!!

ご馳走様でした。

先日、BSで「壬生義士伝」やってて・・・・やっぱり涙!!!
今日はお昼に「ニューシネマパラダイス」やってましたね。
あの曲を聴くだけで胸がキュ~~~~ッとしてしまいますね。
きちんと映るテレビで見たいよう~~(>_<)


@ marisol

映画館に行こう!

恕等のUPです。


映画館へ行こう!


というサイトをご存知ですか?
映画配給会社と日本中の映画館が協力して作り上げた、すっっっっっばらしいサイトなんですよ!!

今、日本のどこの劇場でどんな作品が上演されているか、すぐにわかってしまうんです。
そしてもちろん、その作品の公式サイトにひとっ飛びできますし、公開間近の作品がラインナップされるので見逃してしまった作品を追いかけることもできます!!!
いや~~待ってました、こういうサイト。(できたのは昨年12月1日です)
まだまだ小さな映画館やシネマカフェなど、参加されていない映画館もあると思いますけど、小さな映画館ほど個性的で良質な映画がかかっているはず。
ミニシアター好きな marisol としてはそんな劇場にこそ参加していただきたいのです。
きっといつか、日本全国、全ての劇場情報が簡単に入手できる日がくることでしょうね。
楽しみです!

さて、ここで、私のお気に入りミニシアターをご紹介いたします!!!

ひとつめはやはり地元(とはいえないけど)名演小劇場です。
ここは数年前まで演劇中心の劇場でしたが、周辺に公営の大劇場~中劇場~小ホールなどができて、そちらのほうが料金が安いために、主催者が移ってしまったという経緯があり、劇場設備は素晴らしいのですが上演本数が減ってしまって演劇公演を取りやめ、地下一階を貸し稽古場、一階にミニシアター、二階は名演鑑賞会事務局、三階の元楽屋だった場所と奈落だった場所を改装して劇場事務所と会議室、小さなホワイエ、そして四階から五階のもともとあった劇場を、椅子を一新してスクリーンを張り、映画専用劇場にしたのでした。
marisolは実は高校生の頃だけ名古屋に住んでおりまして、高校時代はこの劇場に通い詰めていました。
当時も映画の上映はされており、イタリアやフランスの古~~~い映画(まだ白黒だった)や日本の無声映画なんかもここで出合ったのでした。
「男はつらいよ」第一話から第33話までの一挙上映会もお手伝いしましたし、「愛と喝采の日々」とか「愛と悲しみのボレロ」、フェリーニの「道」もここで繰り返し繰り返し何度も見ました。
もちろん、演劇もたくさん、本当にたくさん見ました。
そのころ小劇場を中心に活躍されていた役者さんがいまや売れっ子どころか大スターになっていたり、名脇役といわれるような素晴らしい俳優さんになられていたり、なかには惜しくも亡くなってしまった名優さんもおられます。
今は、小劇団の公演を観に行くのに、コチラの劇場に通うことはなくなってしまったのですけど、形が変わっても、劇場が存続してくれて私はすっごく嬉しいです。
年間15本くらいはこの劇場で映画を観ています。
たいてい、2本~3本を同時上映していますので、当然のことながらハシゴです。
一日に3本見るのは正直シンドイのですが、そのあとにもう一本、別の映画館でレイトショウを観て、最終の新幹線に飛び乗る、なんてこともしょっちゅうです。
遊んでばっかでスミマセン(>_<)
でも、そんなにしてまでも観たい映画がここにはある!!のです。
名演小劇場公式HP
名古屋近辺にお住まいの方、是非一度、足を運んでみてください。

ふたつめは、沖縄県那覇市にある桜坂劇場です。
映画「ナビィの恋」「真夏の世の夢」で有名な映画監督中江裕二さんの主宰する、地域密着型の映画館です。
こちらは、映画館の枠を超えて、ライブハウスや素敵なカフェ、カルチャースクール、講演会や研究会、映画に関するライブラリーなども併設されており、地元那覇の文化の中枢をになっています。
このような地域密着型の映画館がもっと増えてくれるといいですね。羨ましいです。
それにしても、映画監督さんが主催する映画館でこれほど(経済的にも)成功している映画館はまだまだ珍しいです。
桜坂劇場公式HP

名古屋にも映画監督若松孝二さんの主宰するシネマスコーレがありますが、こちらもとっても個性的なラインナップで私はいつも唸っています。個性的過ぎて、たま~~に引いてしまうこともありますが(笑)、新人監督作品やアジア映画を多く上映するところで有名です。
こういう映画館も絶対に必要なのですよね。
シネマスコーレ公式HP

個性的なラインナップでは負けていないのが同じく名古屋シネマテークです。
ちょっとわかりにくい場所にあるのですけど、こちらも新人監督さんや途上国の映画作品を上映することで有名です。
映画パンフのバックナンバーもライブラリーに揃っていますよ(^^)会員になると貸し出しもOK。
名古屋シネマテーク公式HP

あとひとつ、行ったことはないのですが、最近オープンしたシネマカフェで、
神奈川県逗子市にあるCinema-amigoです。
ランチタイムも充実していて、居心地良さそう!!
そして上映作品も超~~~個性的!!
「今年第一弾は・・・・おバカ映画の最高峰です!」って、言っちゃってるし!!!!
シネマ アミーゴ シネマ&キッチン公式HP  
外観や内装も素敵なの~。
sum126026663500.jpg
sum126026663510.jpg

Stylejamさんからお写真お借りしました。

こんな素敵な劇場(ミニシアター)でゆっくり映画を楽しみたいな~。
映画ファンも増えると思いますが、いかがでしょうか?
だってね~、これが酷いってわけじゃないけど marisol が昨年末最後に観た映画は空気人形@2回目だったのですけど

映画館(シネコン)はこんな・・・・!!!!!
091225_1743~01
酔う・・・・酔う・・・・・酔う・・・・・酔う・・・・・・・酔う・・・・・・・・



ちなみにmarisol的2009年ナンバーワン映画はこの空気人形です!
091225_1744~01

客席はこんな感じ、お客さんは私とオットを含めてたった5人!!(涙)
091225_1744~02



そして「空気人形」のとなりの劇場では・・・・
091225_1743~02


なんだかな~もう~~~



@ marisol

今年こそ!

毎年恒例の芥川賞&直木賞候補作が発表になりました。

昨年は直木賞が天童荒太さんの「悼む人」に贈られ、本当に嬉しかったです。

さて、今年は予想通り、私が大好きな松尾スズキさんの「老人賭博」が芥川賞の候補に選ばれました。
前回候補になった「クワイエットルームにようこそ」は惜しくも受賞を逃しましたが、今度こそという思いです。
もちろん、ご本人は賞が欲しくて書いておられるわけではないでしょうけれど、ファンである私は芥川賞が欲しいんだな。
なんでかな(笑)

他の候補作はどういうわけか(昨年はけっこう忙しかったのね、私)まったく読んでいなくて、松尾ちゃんの「老人賭博」だけ、文学界に掲載されたときに読んだのです。
コチラに遊びにこられる方でお読みになった方、いらっしゃるかしら?
戯曲ほど、えげつなくないでしょ?
そこが好きshoko
戯曲も好きですよ、えげつないけどshoko
松尾ちゃんの文章は、リアルで息遣いや鼓動が聞こえてくる、吐息の生暖かさや指先の冷たさまで伝わってくる。
単行本化されたら、皆様、(買って)読んでね!

61GvBrVsB5L__SS500_.jpg



@marisol

5日も経っちゃってアレですが

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
皆様のご健康とご活躍をこころよりお祈り申し上げます。

年末、コメントをいただいた方々、遅くなりましたがお返事申し上げておきましたので、お暇ならお読みくださいませ。
もちろん、戸別訪問させていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたしますね!



皆様、どのように年末年始を過ごされましたか?
marisol 地方では大晦日にドカ雪が降り、そんななかホワイトアウトしながら必死で車を運転して我実家に向かったのです。
到着後、私は実家の(私のためにとって置かれた)大掃除をし、御節を作り、祖母をお風呂に入れ、マルさんの散歩に行き、実家恒例の宴会に突入~~~

したのですが、疲れ果てて10時くらいに寝ちゃいました!!!

紅白、見てないし・・・・・・・・
除夜の鐘、聞いてないし・・・・・
年越しそば、食べてないし・・・・


そして爽やかに新年の朝を向かえ、酔っ払いの家族をほったらかして行ったマルさんとの新年初のお散歩で、

捻挫しました。


元旦の、午前7時に、右足首、捻挫しました。



今年も思いやられます・・・・・



皆様、見捨てないでね・・・・
ヨロシクね・・・・・・・・・



PAP_00030001.jpg




@marisol
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。