画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝90歳

121011_1408~01

HARIBO公式HPは日本語ページがないのです
でも、このHPはよくできていて、発売順にパッケージが表示されていて、それを見ているだけでも楽しいです。
100gで348キロカロリー、糖分が高いのね・・・・。あとタンパク質がちょっとと炭水化物。
ま、お菓子なんてそんなところなのかもしれません。
でも、咀嚼力が弱いのでこのお菓子が発明されたとききました。
咀嚼には良くても歯には悪いのね。皮肉。
このテのお菓子はほとんど食べませんが、いつも可愛いな~と思いながらお店で眺めていました。
このパッケージのゴールデンベアは1922年に発売されたそうで、ゴールデンベアシリーズとしていろいろなバージョンがあるそうなのですが、今年発売90周年を記念してオリジナル版を復刻したそうです。

おじいちゃん、おばあちゃんの時代から変わらないお菓子。
こういうの、いいよね。
日本だったらなんだろう?
キャラメルとか?
蕎麦ぼうろとか好きだな~

滅多に買わない私ですが、復刻版と聞いて食べてみたくなりました。
オリジナルはグミのまわりが砂糖でコーティングされていなくて、甘みも抑え気味。程良い酸味が美味しいです。
噛み心地も良いわ・・・・でもツルンと飲み込んじゃいそうでちょっと怖いです。
こんなにちっさかったっけ?


wikiでのHARIBOはこちらです






@marisol


スポンサーサイト

さるかに合戦?

私が子どもの頃からあるお菓子、「源氏パイ」。
幾重にも重なったパイの繊維を上からでなく横からいただくという斬新な、世界でも類を見ないお菓子です。
個別包装されていますが、コーティングしているお砂糖がラップにくっついてはがしにくく、ザラメやパイの破片がバラバラと散らばりやすい、という難点があります。

現在ではそのラップによる包装が改良され、サイズも小さくなって個別の袋入りになりました。

そして、こんな姉妹?品も!!

120904_1544~01

源氏vs平家の場合、姉妹品というよりは「兄弟品」のほうがいいのかな、男子っぽい感じ??
でもお味はラブリーです。
平家パイのほうはレーズンが乗っかっています。ま、それだけなんですけどね。
定番のお味の安心感。
あと、ちょっと柔らかめでバターの風味が豊かです。
で、こちらはパイを上からいただきます。
袋から取り出すときも散らばりません。
実母は「平家パイ」のほうがモダンだ、と言っておりました。
モダン?(笑)



コピー ~ 120810_1650~03
指の間のワサ毛を切ってあげなくては!!


@marisol

危険、近づくでない

この夏、marisol地方にも登場。


120713_1214~01



120713_1214~02


120722_1540~01
(これらの写真を撮ったのは先週です)


120722_1540~02




でも誘惑に負けず、今日は(もう昨日か)キュウリのQちゃんを大量に作り、塩漬けにしてあった梅干しを干しました。
地味でロハス?な生活です。


120718_0839~01


あ~写真見てるだけで唾液が・・・・




@marisol

ベランダガーデニングの成果

母に純粋な薄荷の苗をもらい、プランターに移植したらけっこう増えてくれて嬉しいこの薄荷、母が北海道に旅行に行ったときにどこかの牧場に自生していたのをちゃかりと根っこごと引っこ抜いてきて自宅の庭で増やしたものです。
母、強し。
そしてもともと自分で栽培していたペパーミントとレモンミント、雑草としてその辺に生えているアップルミントを合わせてすり鉢でゴリゴリしたものと、レモン果汁とハチミツをタンブラーに入れて甘みの付いていない炭酸水を注ぐ・・・・
目にも涼しい一品です。


120710_1236~01


これにホワイトラムを入れるとナントカっていう(忘れた)カクテルになります。
ブラジルでよく飲まれている、何だっけ??
思い出したら追記します。


今年大豊作のバジル、摘んでも摘んでも次の日には新しい芽が出てくる強いヤツ。
120716_1507~01
バジルを大量に消費したい場合はコレがもっとも適切な調理方法だと思うジェノベーゼソース。
パスタランチになりました。
食べかけで失礼。



しっかし暑いね!!
この暑さ、今夜までで明日からは涼しくなるとかならないとか。
なったとしてもまだ7月なんだから夏は夏、ってことで「涼しくなる」なんて信用しないもん。

@marisol



追伸::カマキリたちは全員無事に巣立ちました。

ありがたや~

パセリってけっこう高価ですよね?
この季節、サラダやスープ、メインにも。洋食にはパセリは欠かせないハーブのひとつですよね。
もちろん、私もパセリ大好き!
毎年、ベランダの片隅でひっそりと栽培しています。
でも、去年、思い切ってマンション敷地内の片隅に(勝手に)花壇を作り、そこに二株植え替えたのです。
そうしたら、育つ育つ!!
いままで見たこともなかった高さまで(1メートル以上、私の腰より上まで)伸びに伸び、可愛い花を咲かせましたよ
パセリの花、フェンネルにそっくりです!
ということで、同じ所属なんですね。
レースフラワーのような形で、色は緑、花が枯れてくると黄色~白にかわり、黄色い花粉がたくさん落ちます。

ボーボーに伸びきったパセリを2週に渡って刈り込みました。
食べられるのは下の方にフサフサってなってるところだけです。
茎や、上の方の葉は摘み取ってドライハーブにしたり、糸で束ねてブーケガルニ用に5センチくらいにカットします。
束ねてからカットしてドライにするのがコツ。

120610_1941~01
あら?なんか写真が大きいですけど、気にしないで下さい。


120610_1942~01
マルはパセリに興味ないみたいです。
手前の(焦点あってませんけど)クリーム色のプツプツしてるのがパセリの花です。
繊細で可愛いです。
パセリは香りだけでなくビタミンと繊維質が豊富。
ものの本に載っていたアルジェ系の豆料理にもたくさんのパセリがレシピにありました。
新しいお料理にも挑戦できそうです
宿根草なので、この株は4年生ですが、まだまだ長生きしそうです。
買わずにすむわ

今年はバジルも豊作なので楽しみ♪
そして今日は大葉の種も蒔きました。こちらも楽しみ




@marisol
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。